抜け毛の原因を知って予防しよう

もしも自分の抜け毛の状態をチェックしてみて、薄毛が進行していると感じたら、とにかく一度皮膚科で診察してもらいましょう。
早い段階で薄毛の治療を開始すれば、それだけ症状が改善される可能性が高くなります。
しかし、できることなら薄毛の症状が始まることなく、髪の毛のことで悩まなくても良い生活を続けたいと思っている人がほとんどだと思います。
そこで、抜け毛が多くなってしまう原因について知り、その予防方法も考えてみましょう。
まず、男性の抜け毛に関して言えば、テストステロンの影響によって抜け毛が多くなることがあります。
テストステロンとは男性ホルモンのことなのですが、このテストステロンは髪の毛の成長を抑制する働きを持っています。
そのため、男性ホルモンの分泌量が多い男性は、薄毛の症状が進行しやすいと言われています。
男性ホルモンの分泌量は遺伝の影響を受けると言われていますので、抜け毛が多いことに関しても、やはり遺伝的な要素はあると考えられます。
しかし、遺伝的な理由だけで薄毛が進行するわけではありません。
例えば、精神的なストレスも、抜け毛を促進する原因となります。
ストレスがたまってしまうと、自律神経の働きが乱れ、血流が悪くなります。
当然ながら頭皮の血流も悪くなってしまいますので、健康な髪の毛を育む機能が低下していきます。
そして、十分な栄養分が届かなくなった毛根部分が弱くなり、髪の毛が抜け落ちていくのです。
また、頭皮の清潔さを十分に保てていない場合にも、抜け毛は促進されます。
毛穴に不要な皮脂や汚れが詰まっていると、健康な髪の毛を保つことができなくなります。
しかし、だからといってあまりシャンプーなどを頻繁に行っても、頭皮に傷がつく可能性があります。
頭皮に必要以上に刺激を与えてしまうと、その場合にも抜け毛の原因となる恐れがあります。
このように考えてみると、頭皮の健康を保つことは、かなり色々なことに気を付けなければならないということがわかります。
大切なことは頭皮を清潔に保つこと、そして頭皮によけいなダメージを与えないことです。
この点をしっかり意識して頭皮ケアを続けていれば、薄毛の進行を食い止められる可能性もあります。
また、最近は美容室などでも、頭皮ケアを行っているところが増えてきました。
同時に頭皮のチェックなどを気軽に依頼できる美容室もありますので、そういったところを利用して、定期的に頭皮の状態をチェックしてみるのも良いでしょう。
あとで読む